「会社設立の勉強」へようこそ

当サイトは会社設立についての情報サイトです。

もし、あなたが起業や独立をしようと思ったのなら、アイデアや、商材、資金、人脈などは十分に確保できていているはずですね。
ですが、何をすれば良いの?

興味があったけどよくわからない。
という方にお勧めのサイトです。

今の会社法では資本金は1円からでよくなり、以前までの有限会社というものはなくなりました。

法律は「改正」がありますので、常に最新の情報を取り入れておかないと、せっかく準備した起業の為の書類も無駄になってしまう可能性さえあります。

このサイトでは起業の流れやシュミレーション方法などをメインにご紹介しようと思います。

簡単に会社設立をすることができます

自営業をやめて会社設立する人が増えています。
会社設立をすることで、責任は大きくなりますが税金対策などのメリットも生まれます。

最近は、会社設立する時の面倒な手続きを代行してくれる会社もありますので、簡単に会社設立をすることができます。

個人で会社設立をするには何から始めればいいのか分からない、書類の書き方が分からないということもあるので、会社設立代行してくれる会社は非常に便利な存在となるでしょう。

会社設立をするときには定款作成

会社設立をするときにはさまざまな書類を作成しなければなりませんが、その中核となるのが定款です。

定款は色々なテンプレートが公開されていますから、これらを活用すれば法的には問題のないものを作成することができます。

単に会社を設立したいというだけのときなら、それだけでも十分でしょう。

ただ、やはり定款という書類は重要な意味を持ってきます。将来にわたって影響するものだと考えておきましょう。

ですから、定款のそれぞれの項目については、しっかりと内容を吟味した上で記載しなければなりませんので、やはり理解は必要となるのです。

会社設立後

雇われるのではなく、自分が社長となって会社設立を行うというのはとても過酷な道である様ですね。

会社設立を行っても、経営を10年間続いている企業というのは1割にも達していません。そのほとんどが途中で倒産してしまっています。

景気の状況にも左右される事もあるかと思いますが、やはりライバルも数多く存在する中で勝ち残るという事はとても難しい事の様ですね。日本には創業してから100年を超える企業というのもたくさんあります。

この数字を見ると100年を超えるというのはいかにすごい事であるかという事が分かりますね。会社を始めようと考えているのであれば、それだけの覚悟もしないといけない様ですね。

簡単に会社設立を行なえるが存続は難しい

現在の法律では会社設立の条件が下がって簡単に行なえる様になりました。中には学生が起業する事もあり、近年ではベンチャー起業も増えています。

簡単に会社設立を行なえるという事は十分なお金がなくても、会社としての機能が十分でなくても起業する事ができるということです。

そのため、顧客や取引先との信頼関係を築いていく事はそう簡単な事ではありません。

起業する事自体は容易になりましたが、会社が継続していくのに必要な利益を出し続けるのは依然として難しい事です。

会社設立して独立するメリット

会社を辞めて、自ら会社設立を行ないたいという人も多いのではないでしょうか。景気の良くない昨今では、会社設立をして会社に利益を上げ続ける事はそう簡単ではないでしょう。

しかし、会社設立を行なう事で今までにないやりがいを感じる事ができるのではないでしょうか。また、自分のやりたいお仕事を選択する事もできます。雇われていれば、仕事を選ぶ自由はほとんどないでしょう。これも独立のメリットと言えるでしょう。

また、他にも時間が自由に使う事ができます。会社に拘束される事はありません。しかし、すべての責任は自分にありますので、その点を十分に考慮しなくてはなりません。

株式会社だけではない会社設立

今ある会社の多くが株式会社ではないでしょうか。

会社設立をする時に株式会社を選択する人は多いですが、他の種類の法人にする事もできます。合同会社や合名会社、または合資会社などがあります。あまり知られていないものもあり、種類は意外にたくさんありますね。

以前、たまに見かける事があった有限会社というのは、法律が変わったので今では新しく立ち上げる事はできなくなりました。それでも、それまでに設立された会社はそのままで経営を続ける事ができるので、今でも有限会社というのは存在しています。

これだけたくさんの種類があると、会社設立する時には、どれにしようか迷ってしまう事もありますね。

資金を調達するのが大変な会社設立

多くの人は、法律の改正によって会社設立が容易になったと感じている様ですね。

会社設立はスムーズにできたとしても、問題は会社の資金繰りです。資金繰りが上手くいかない場合には長期的に運営を行っていく事はできません。

会社の経営を黒字に保つという事は決して簡単な事ではない様ですね。社員を雇っている場合にはかなりの費用を人件費として必要になりますので、資金繰りが大変になる事もあります。

また、思っていた様な利益が得られないという事も考えられます。経営者になると、資金繰りで頭を抱える様になったという人も多い様ですね。会社の運営に関しては、決して甘く考える事はできないでしょう。