会社設立する時は新会社法に基づいて設立

会社設立する時は新会社法に基づいて設立しなければいけません。

新会社法が改正されたことにより、最低資本金制度が無くなったため、お金が無い人でも株式会社を設立することが可能になりました。

よって、会社にどのくらいの資産があるかという証明書の提出も不要になっています。

また、必ず取締役会を設置しなければいけないということもなくなったため、取締役一人選ぶだけで設立することが可能で、監査人なども選ぶ必要がありません。

以前に比べると気軽に会社設立ができるようになったのではないでしょうか。

資金は1円から設立

自分には会社設立なんて無理だと思っている人は多いかもしれません。

しかし、昔に比べると会社設立することは容易になってきています。若くして会社設立する人が増えており、未成年でも会社設立している人がいます。

資金が少ないからとあきらめる人もいますが、資金は1円から設立することができます。会社設立を決めたら、どんな会社をどのような形態でするのか?を考える必要があります。決まれば、各役場に手続きをしましょう。

法律に関する書類になりますので、司法書士や行政書士などに代理手続きをお願いすると、スムーズに手続きすることができます。会社設立をすることよりも運営していくことが難しくなりますので経営に関する勉強をしましょう。

新しく創設された会社設立

会社形態は複数ありますが、低予算で法人の会社設立をしたいなら、合同会社という形態がおすすめです。

有限会社が廃止され、代わって新しく創設されたのが合同会社です。
まだ新しい会社形態なので知名度が低いですが、個人経営の会社などに適していると言われています。

合同会社なら設立時の法定費用が少なくて設立できます。
設立後の税金面は株式会社などと変わらないですが、比較的手続きも簡単に設立することが可能です。しかし、一般的には会社の設立をするなら株式会社になります。

株式会社の設立と利点

株式会社とは細分化された社員権(株式)を有する株主から有限責任の下に資金を調達して株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、法人格を有する企業形態である。

このような企業形態は各国にある。日本で、株式会社の利点は株式を発行する事によって資本金を調達する事ができる。

実際の店舗を立ち上げる事なく、オンラインだけで商売を展開している会社もあります。会社設立を行う際にオンラインのみであれば、店舗を用意して改装し、家具などを持ち込む必要もないので、内装にお金をかける必要もありません。サービスではなく物品を扱う場合には、取り扱う物量が多くなるとそれなりに広い倉庫が必要になる事もあります。

しかし、最初は小規模から始める事もできます。会社設立ではなく、個人で商売をスタートする人もいます。自宅で、ネットショッピングに出店するのであれば、趣味でも行う事ができます。オンラインだけであれば、多額の費用もかける事なく、気軽に始められそうですね。

会社設立で必要な定款

会社として正式に登録する登記と呼ばれる作業が会社設立において必要とされています。

登記を行うのであれば、その際に同時に必要とされるのが定款です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に説明するとこれから会社を運営していく時に適応する決まりの事を言います。

そして、ただ決まりを作るだけではなくて書類作成しないといけません。

定款において記載すべき項目というのは決まっていますので、自分で自由に書類作成ができるわけではありません。

会社設立が忙しい場合には定款や登記について専門家にお願いして代行してもらう事もできます。そうすれば間違いなどもなく確実な物を提出する事ができますね。

一人でも行う事ができる会社設立

新会社法と呼ばれる法律が改正された事により、会社設立を行う際にも必要になってくる条件はかなり変化しました。この新会社法が改正される前は、株式会社の会社を設立するためには、監査役と呼ばれる人が最低でも1人は必要でした。

そして、取締役と呼ばれる人はなんと3人も必要でした。そのため、自分一人だけで会社設立を行うという事はできませんでした。

しかし、現在では取締役1人だけ、つまり自分だけで株式会社を設立する事もできるようになりました。一人で仕事を行っていきたいと考えている人も多く、これだけの人数を集めてくるという事は容易な事ではありません。

会社設立は簡単になりました。
発起人は一人でも会社を設立することが可能です。

発起設立は手続が募集設立より簡単で、設立にかかる時間も短く、設立時に見も知らずの一般の人から資金を募ることがほとんどないということが特徴です。