仕事の退職と会社設立

株式会社などに努めている場合で勤務していた期間が長い人は、辞める時には退職金を支払ってくれる事もあります。

しかし、たとえ仕事の内容は同じであっても個人事業者の所で仕事をしていたのであれば、仕事を辞める時には退職金の支給という制度はありません。

就職活動をする時には、中には会社設立をしていない個人事業者が出している求人もあるかと思います。待遇が違ってくる事もあります。会社として正式に登記を行っている場合の方が、待遇もよく、働きやすいという事も考えられます。

他にも会社設立をしていれば、厚生年金や健康保険が利用できるという特典もあります。社員としては、会社の方が安心して働けそうですね。

会社設立の資本金と会社形態

会社設立の法律が新しくできたため、現在は1円の資本金から会社設立をすることが可能になりました。

しかし、会社設立後は運営資金が必要になりますので、安易な気持ちで会社設立をすることは避けた方が良いでしょう。

まずは個人事業から始め、軌道に乗ってから法人で会社設立する方が無難かもしれません。

会社の種類は、合資会社、合名会社、合同会社などありますが、株式会社が一番多く、もっともポピュラーです。

会社設立する時はこのような会社形態の種類と商号、事業内容、本店所在地を決め、各役場に手続きしましょう。

ビジネス書などから学ぶ会社設立

会社に雇われているのとは違い、会社設立を行うと困難な事があっても、すべて自分で何とかしないといけません。

身近な人に相談できる人がいたとしても最終的に自分で決定しないといけませんね。

そこで、会社設立をしていて不安な事などが出てきた時などのためにビジネス書などを読んでいろんなケースについて学んでみてはどうでしょうか。多くの経営者が本を書いています。

また国内だけではなく海外の経営者の本も翻訳されている事もあります。もしかすると、何かとヒントになる事が本の中から得られるかもしれません。

成功している人から、学べる事も多いのではないでしょうか。また、経営に対するモチベーションもアップできそうですね。

若い人が会社設立を行う環境

年齢を重ねた人ではなく、若い人が会社設立を行う環境というのは以前よりも整っていると言えそうです。

まず、会社設立に必要な資金が大幅に低くなりました。1円以上ですので、お金を出せばいくらでもいいという事でしょう。

また、役員も集める必要がないので、自分一人で開業しますという事も可能になりました。お金がない場合が多い若い人にとって、会社設立はかなり易しくなったと言えるでしょう。

しかし、中には失敗する事を恐れる人もいます。また、景気の状態が十分に回復できていないので、開業するのではなく安定を求めて会社に就職したいという人もいるようです。会社設立とは違い、経営のハードルは低くなったわけではないようです。

会社設立は苦労が伴います

会社設立を行なうにはかなりの苦労が伴います。

やはり会社設立をした社長には素晴らしい人がたくさんいます。
そして、2代目や3代目となると創業者の様な苦労が分からずに失敗してしまうこともあります。

何もない所からビジネスを立ち上げて軌道に乗せる事は非常に大変だと言えるでしょう。しかし、それらの苦労は社員、取引先、顧客を満足させるものであります。

そのため、会社設立は苦労が伴いますが、その一方で非常にやりがいのあるものだと言えるでしょう。会社の経営を成功させるということは実に素晴らしいことなのです。

個人事業者と会社設立を行っている法人の雇用

自分で開業するとなると時には忙しくなる事もあります。自分だけではどうする事もできないという時には、誰か手伝ってもらう人が必要になります。身内がいれば、お手伝いしてもらうのもいいでしょう。

しかし、手伝ってくれる人がいない場合や、専門的な知識や技術がある人でないといけない場合などには、人を雇わないといけない事もあります。

その場合には、きちんと会社設立を行っている法人の方が、より人が集まりやすい事が考えられます。

やはり株式会社であれば、年金や健康保険などの社会保障が手厚いので、個人事業者ではなく会社設立を行っている法人の方がよりたくさんの人の中から採用する事も可能ではないでしょうか。

知っておきたい会社設立の関連記事