会社設立と支払う保険料について

フリーランスとして仕事をしている人と、会社設立をして企業として仕事に取り組んでいる場合の違いの一つに保険証の支払いがあります。

株式会社として会社設立をすると社長と社員の保険料を支払う必要が出てきます。

厚生年金などは本人だけではなくて、会社も負担しないといけません。一人で会社設立をするなら自分の分だけですが、社員を雇っている場合には人数分の保険料を負担する必要が出てきます。

厚生年金だというメリットはありますが、支払いに追われてしまう事もある様です。

賃貸事務所の賃料も支払う必要がある中で、保険料の支払いを続けるという事はかなり経費を圧迫してしまう事もある様です。

役員が一人でも株式会社設立

以前は複数の役員がいないと会社設立を行う事ができませんでしたが、法律の改正と共に条件が緩和されました。その結果、役員が一人でも株式会社を設立する事ができる様になりました。

また、費用の面においても条件はより易しくなりました。そのため、会社設立はより簡単になりました。

しかし、設立は簡単になったものの、景気の回復が遅れている事などから経営に関しては厳しい状態が続いているみたいです。たった一人で、少額の資金を元に起業する事ができる様になりましたが、以前よりも信用性も低いという事も考えられます。

資金が少ないので、倒産の可能性というのも考えられます。甘い話ばかりではなく、厳しい事も頭に入れたいですね。

インターネットが普及して、ネット上でショップサイトを構築できたり、様々な作業が個人でできるようになったため、独立をしようとする人が増えたように思えます。

でも、ちょっと待ってください!あまりにも早急に独立する人が多いのではないでしょうか?独立するということは、会社の必要経費を個人で払っていかないといけないということです。

会社設立する時に大事な税金対策

会社設立する時に大事なのが税金対策です。

税金は会社の成長に大きく影響してきますので、無駄な税金を支払わなくて済むようにしましょう。

例えば決算日の決定も税金に大きな影響があります。3月末に決算日をしている会社が多いですが、3月末にしなければいけないわけではありません。業種や利益によって他の月にする方が良い場合もあります。

他にも税金対策には色々な方法がありますので、信頼のおける税理士に相談すると良いでしょう。

専門家に相談しながら会社設立

法律に関することなら弁護士に相談するように、会社設立に関する相談は司法書士や行政書士ではないでしょうか。

会社設立をした後の税務関係は税理士や公認会計士、社会保険や労務に関することは社会保険労務士に相談するとよいでしょう。

本来の業務や経営に専念するために各専門家に依頼する方が望ましいです。

会社設立する時はするべきことたくさんあるので不安に感じる方もいるかもしれません。
専門家に代行してもらうことで間違いがなく安心して会社設立することができます。

落とし穴に注意したい会社設立

とても簡単にできる様になった会社設立は、学生や主婦などにも起業するチャンスが広がりました。起業しやすくなったという事は、素晴らしい事だと言えるでしょう。

しかし、会社設立には落とし穴もあります。会社を設立する事は比較的容易に行う事ができても、経営する事はまた別です。

多くの人が会社の経営が大変だと感じている様です。特に、資金繰りはとても大変な事の一つだと言える様です。従業員を雇っている場合には、お給料などを支払う必要もあります。常に黒字の状態をキープする事はとても大変な事です。

また、ずっと続けるというのも難しい事です。経営するという事までしっかりと考慮して会社設立を行いたいですね。

日本の会社形態と会社設立

日本では株式会社が一番多く存在している会社形態ではないだろうか。他にも合同会社や合資会社、有限会社など複数の会社形態も見ることがあるが、株式会社をよく見かけます。

株式会社の会社設立をすると、顧客からの信頼を得る事ができ、銀行などの金融機関からの融資も受けやすいことがメリットの一つであると認識されています。実際に会社設立でお考えの際は司法書士にてご相談ください。

また、個人事業よりも株式会社の方が税金が節税できる場合もあるようです。事業が失敗し倒産した場合にも出資した範囲内だけの責任を負うのでリスクは低く、会社設立しやすい会社形態と言われています。

知っておきたい会社設立の関連記事