法律家を付けて会社設立

自分が企業の経営者として仕事をしているとどんな事に巻き込まれてしまうかわからないので、たとえ顧客の事を思い頑張って仕事をしていたとしても企業として大きな責任を負ったりしないといけない可能性というのが出てきます。

そこで、いかなるケースでも対応できる様にするために会社設立をする時には法律家を付けておくと安心ですね。税理士や行政書士、司法書士、弁護士などは会社設立の時から利用する人も多い様ですね。

弁護士は裁判になった時にもそのまま法廷に立つ事もできますのでとても頼りになります。

顧問としてお願いする事で、常日頃からお世話になっているという会社も多い様です。

法人化するメリット・デメリットと会社設立

会社設立を行なうにはかなりの労力と費用が必要になります。
しかし、法人化しないで業務を行なうことに比べて、メリットも多いようです。

例えば、万が一会社が倒産してしまった時には、責任が有限になります。
すべて責任を負う必要はなくなります。

また、支払わないといけない税金の金額も法人化の方が安くなる場合もあるようです。
そして、クライアントや取引先の信用もアップするでしょう。

中には法人化した企業でないと取引を行なってくれない会社もあるようです。
個人でお仕事を行なっているという人もぜひ、会社設立をして法人化してみませんか。

法人でないと信用面にかけるので取引が難しいなどと言われる場合は会社設立する方が良いでしょうし、所得金額が高額の場合は節税することができます。

しかしデメリットとしては、経理処理や社会保険、労働保険の手続きなどが必要になりますので、会社設立すると手間がかかるところがあります。

会社設立と長期的な経営

会社設立を行うと経営を行う必要があります。

経営は長期的に継続しなくてはいけません。そのため、会社設立を行った時だけ業績がよかったというのではダメです。

従業員を雇っている場合なら、お給料を支払わなくてはいけません。
たとえ自分に収入がなくても支払いを行わないといけません。

会社経営の中でも資金繰りに頭を抱える経営者は非常に多く大変だと言われています。

ビジネスとして成り立たせるには趣味のレベルでは通用しません。
顧客があってこそのビジネスです。顧客が満足できるものを常に提供し続けないといけません。

容易になっている会社設立について

会社設立の手続きを行って、会社を作るという事はかなり容易になりました。

株式会社は簡単に作る事ができます。しかし、会社を立ち上げると本当に難しいのは会社設立を行った後からです。

会社設立を行うのは費用もあまりかける事なく行う事ができます。しかし、会社を継続して運営していくのは何年もの長い間続けて行う必要があります。経営者は特に経営に苦労している人が多い様ですね。

特に利益を得て資金のやりくりを行うにはかなりの能力が必要になってきます。また、能力だけではなくて、やる気や忍耐強さなども必要になってくる事もあります。

ぜひ、ずっと経営が黒字を計上し続ける事ができる様に熱心に仕事をしたいですね。

法律を守る会社設立

会社設立を行う際には、会社法という法律を守る必要があります。
会社法とは会社設立をする時のルールや、運営、資金調達、株、倒産などに関するルールが記されています。日本だけでなく海外においても会社法に代わる、似た様な法律が存在します。

そして、日本の会社法ですが、改正されて新会社法となりました。
新会社法の中には、株式会社を設立する際に必要な費用の額が1円以上となった事などが記されています。

以前に比べて、起業がしやすくなったと言えるでしょう。

知っておきたい会社設立の関連記事