歯周病、インプラント

全身の体調に関わる歯周病

歯周病は、読んで字のごとく歯の周りの組織の病気です。

歯周病菌による細菌感染で、かなり進行するまで痛みがでないことが多いので、気付かずにいる人がかなり居ます。歯槽膿漏は、そのかなり進行した状態で膿が出たり、歯がグラグラと揺れるようになってしまっています。

歯槽膿漏まで進行してしまうと、歯茎は改善しても歯槽骨は戻ってこないことが多く、見た目が悪くなってしまいます。

そればかりか、歯周病菌が血管内に入り込み、血管を通して心臓に行き、心臓病を引き起こしたりします。

また糖尿病とも関係が有り、口の中だけの病気ではなく、全身の体調に関わるものなのです。 予防は、歯磨きで綺麗に磨くことが基本です。

歯科医院を訪れて、磨き方の指導を受けたり、メンテナンスを行うことが大切です。