会社設立での注意点

会社設立する時はいくつか注意しなければいけないことがあります。
たとえば、商号を決める時は使用不可能な記号や名前がありますので注意しなければいけません。

また、類似商号がある場合、不当競争防止法などに基づく商号使用差し止め請求を受けることがありますので、類似商号が無いかを事前に確認することが大切です。

会社設立する際の手続きは個人ですることが可能ですが、法律の知識が少ないと時間がかかりますので専門家に相談することをおすすめします。

会社設立の際に会社名を決める決まりごと

会社名を決められる際は、いくつかの決まりごとがあります。

例えば、社会的に認知されている松下、トヨタ、三菱などの名称を使うことができません。他に、プラダ、ヴィトンなどの海外のブランド名も用いることはできません。また、☆や「」などの記号も使用することはできません。

会社名は途中で変更することもできますが、登記や定款の変更手続き等が必要になりますので慎重に決めましょう。関連書籍や関連サイトをみると参考になります。

会社設立と決算書を作成

経営を始めて間もない人の中で多いのは、決算書が苦手という人です。苦手な場合には税理士さんにお願いして代わり決算書を作成してもらう事ができます。

でも、できるだけ決算書に強くなって、より多くの利益を出せるようにしたいですね。

会社設立を行ってからでも学んでいきたいですね。決算書自体は税理士さんにお任せしていても、今後自分がどの様な経営を行っていけばいいのかという事を決定する際にかなり参考にする事もできそうですね。

会社設立を行う前後は非常に多忙になる事が考えられますので、しばらくして落ち着いてきた時には、取り掛かりたいですね。そして、経営を長く続けられる経営者になりたいですね。

注目を集めているニッチ産業と会社設立

いろんなマーケットがある中で、ここ数年注目を集めているのがニッチ産業と呼ばれるものです。このニッチ産業とは、隙間産業とも言われ、一定の利益しか見込む事ができない小さな市場の事です。

会社設立を行って大きなマーケットでビジネスを展開していくと、必ずと言っていいほど大手企業が参入してきます。

そのため、ニッチ産業の小さなマーケットを狙って会社設立を行うと、大手企業に参入されにくいというメリットがあります。

将来的に大きく成長を続けるという事は考えにくいですが、需要は見込む事ができます。この分野で活躍するために、日常生活によく目を向けてみると、何かいいアイデアが浮かぶかもしれません。

オンラインでの営業活動と会社設立

設立登記などの手続きを行い、法人組織として会社を設立することを一般的に会社設立と呼びます。

どうやって営業を行っていくかという事も考えながら会社設立を行う必要があるでしょう。

ポスターやテレビ広告などいろんなメディアを使用した、いろんな広告がありますが、現在では欠かせないメディアの一つがインターネットです。

会社設立を行うのであれば、開業と同時に自社サイトを立ち上げるといいかもしれませんね。知ってもらう事もでき、時にはそこから購入に辿りつく人もいます。オンラインを中心に営業活動を行っている企業もあるほど、インターネットは重要な役目を担っている事もあります。

企業にとっては営業を行う事というのはきっととても大事な事でしょう。たくさんの人に利用してほしいですね。

会社設立で必要な費用とは

会社設立を行う際には様々な費用が必要となります。

まずは、公証人役場に支払わないといけない定款認証にかかる費用が必要となります。
まずは、収入印紙代4万円が必要になります。

あと、定款認証手数料の5万円も必要になります。
謄本手数料では2000円必要です。合計で92000円必要です。

そしてさらに手続きを専門家に依頼した場合は更にその分の費用が必要になります。

株式会社を設立の際に必要な資本金は、1円以上と安い費用で会社設立する事が可能になりましたが、実際会社を設立するとあらゆる場面でお金が必要になります。

知っておきたい会社設立の関連記事